IWF)が懸念 |あ た ら し い 経 済

エルサルバドルのビットコイン法定通貨動向、国際通貨基金(IWF)が懸念

YouTube-Video

エルサルバドルのビットコインを法定通貨とする動きについて、国際通貨基金(IMF)が経済的・法的に多くの懸念を示しているとロイター通信が6月10日に報じた。

6月8日に可決している。

IWFのゲリー・ライス(Gerry Rice)報道官は記者会見にて「ビットコインを法定通貨として採用することは、非常に慎重な分析を必要とする多くのマクロ経済、金融、法律上の問題を引き起こしま す. 私 た ち は こ の 動向 を 注視 し て お り, 当局 と の 協議 を 続 け ま す 」と 述 べ て い る.

またロイター通信は、IMFが6月10日にエルサルバドル大統領と会い、ビットコインを法定通貨にする動向ついて話し合う予定であると報じている。

: : ロ イ タ ー 通信
デ ザ イ : : 一 本 寿 和
Bilder: iStocks/metamorworks・LongQuattro

Quelle: https://www.neweconomy.jp/posts/125471